So-net無料ブログ作成
検索選択

マークザッカー・バーグが世界6位の資産家に!!

フェイスブック社の創業者でありCEOの「マーク・ザッカーバーグ」が世界資産ランキング6位になりました。

その額なんと、、、、462億5000万ドル(約5兆5000億円)!!!!!

皆さん、よく考えてください、、彼はまだ「31歳」です!!

もちろん世界最年少でのランキングトップ10入りになります。

ここ数年の好調な業績も寄与して、株価上昇の恩恵を一番受けている人でしょうね。


個人保有株の資産価値がほとんどの割合を占めているため、資産=キャッシュというわけではありませんが、仮に保有自社株の「1パーセント」を売却しただけで「500億円」程のキャッシュに変わるわけです!!

ただ、経営者である以上は株式保有比率も重要なため簡単に手放すことができない側面もありますが、、、

簡単にフェイスブック社の業績を見てみましょう。






Facebook, Inc.】

決算発表日 2015年12月31日

~~ 2015年12月期(連) ~~

売上高:1,792,800,000,000円

営業利益:622,500,000,000円

当期利益:368,800,000,000円
_______________

総資産:4,940,700,000,000円

自己資本:4,421,800,000,000円

有利子負債:0円


現時点でのフェイスブック社は、1年間事業活動することで「約4000億円」近いキャッシュが手元に残り、そして、会社が溜め込んでいるキャッシュが「約4兆円」ほどあるわけです。
尚且つ、無借金経営。

もちろん「現時点」での実績であり、過去2年間の成長は売上高ベースで年「5000億円」ほど上昇していますので、今後も好調な業績が続くことでしょう。

現時点での会社の値段である時価総額は「約25兆5000億円」にもなります!!

ということは、創業者である「マーク・ザッカーバーグ」はフェイスブック社の約20%を所有しているということですね。

フェイスブック社は2014年にワッツアップ社を「190億ドル/約2兆円」で買収したことでも話題になりました。

当時わずか32人のエンジニアで運営されていたワッツアップ社を約2兆円で買い取ったわけです。
「4億5000万人の月間アクティブユーザー」という強みはありましたが桁違いです。

その後のワッツアップの成長と、フェイスブック社への業績寄与を考えると「マーク・ザッカーバーグ」の天才を超えた預言者のようなビジネスセンスは、人間の能力を超えているとしか言えません!


マーク・ザッカーバーグを題材にした「ソーシャルネットワーク」という映画でこんなシーンに衝撃を受けた記憶があります。

担当の女性弁護士に主人公が「今から〇〇に行く ※どこかの新興国名」というと、女性弁護士が「道路は無いのにフェイスブックはあるのね」、続けて「今のあなたに数百億円払うのは簡単なことでしょう?」というシーンです。

創業数年のベンチャー時代にヤフーなどから約1000億円ほどの買収話しを断ったという逸話もあります。

その時売却していればキャッシュで数百億円が自分の物になる状況がありながら断っている。
20代中盤でこのようなオファーを断るなんて、、、人間とは基本的な思考回路が違うのでしょうね。。。

お金に興味が無いのか、はたまた今の資産価値になることを予見していたのか!?






2016年の彼の目標で「自宅に人工知能システムを構築する」というミッションを掲げています。
要するに映画「アイアンマン」に登場する人工知能のジャービスを作るということです!

フェイスブック社としても、グーグルなどの大企業同様に人工知能やバーチャルリアリティなどの次世代テクノロジーの開発、サービス構築に力を注いでいるので、この先の未来に大きな影響を与える企業の一つであることは間違いないでしょう。

世界一注目される起業家の今後の動向にATTENTIONです!!






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。