So-net無料ブログ作成

「Tumblr」を作った男~デイヴィッド・カープ~

umblr(タンブラー)というベンチャー企業をご存知でしょうか?

2007年にアメリカで創業されたブログサービス会社です。

そのベンチャー企業を創業したのが「デイヴィッド・カープ」です。









【デイヴィッド・カープ】

1986年7月6日生まれ
11歳:プログラミングを学ぶ。
14歳:アニメプロデューサーの下でインターンを始める。
16歳:子育てフォーラム「UrbanBaby.com」のプロジェクトチーフとして運    営に携わる。
17歳:日本で5ヶ月間の一人暮らしを経験する。
19歳:「UrbanBaby.com」がCNETに売却される。
20歳:「Davidville」を設立→後にTumblr社となる。

Tumblrを始めた理由について、「タンブログ」という新しいタイプのブログが登場したときに、どこかのIT企業がプラットフォームを作るのを待っていたが、その動きがなかったので自分で作ったと語っているそうです。








アメリカのベンチャー企業創業者は、フェイスブック社のマーク・ザッカーバーグCEOやグーグル社の創業者二人など名門大学出身者が多いですが、デイヴィッド・カープに関しては高校を卒業していません。

少年時代に学んだ「プログラミング」という武器で、10代の頃から世の中に影響を与えるITサービスを作っていたんですね!

考えられますか!?
普通の高校生が学校に行って部活や遊びに情熱を注いでいる時に、デイヴィッド・カープはプログラミング技術を買われて、社会に提供されるサービスを作っている!
しかも責任者を務めていたんですよ!!


堀江貴文さん(ライブドア創業者)と藤田晋さん(サイバーエージェント創業者)の対話でこう言っていました。
「プログラミング技術が高ければ高校生でも雇う、もっと早くから起業しておけばよかった」と、、、

この言葉の意味が現実世界で一番わかりやすく理解できる事例だと思います。








その後、タンブラー社は月間アクティブユーザー数が3億人まで成長。

2013年に検索大手のヤフー社(アメリカ)に現金11億ドル(約1100億円)で買収されました。
この時に創業者のデイヴィッド・カープは2億ドル(約200億円)を手にしているそうです。

ヤフー社が発表したプレスリリースの中で、デイヴィッド・カープは「私たちのチームは変わりません。そして私達のミッション ~クリエイターに力を与えて最高の作品を作らせ、それを受けとるにふさわしい人々の前で披露する~ももちろん変わりません」と語っています。


2015年には、月間アクティブユーザー数が5億5千万人まで成長しており、ヤフー社を支える重要事業であることは間違いありません。


フェイスブック、インスタグラム、ピンタレストなどが勢いを増すにつれ、ユーザーを留まらせることは簡単なことではないが、世界中から時代の寵児と言われた天才プログラマーが今後どのようなサービスを生み出すのか楽しみです!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。